記事一覧

他社ヘッド交換ネタ

時々ブログやTwitterで受ける質問にA社のボディにB社のヘッドが付きますか?ってのがあります(^^)
Twitterだとメーカーや販売店の目のあるので中々答えにくかったりしますねw
後、金属加工が出来て自前で互換ジョイントとか作れる人に質問するとほぼ可能となります…が一般家庭で3Dプリンタや火花散らしての作業や溶接等、とても真似出来ないレベルの場合もあります。
他にも首の長さやヘッド内の窪み具合、サイズ感、肌の色合い質感等、物理的な接続以外にも問題があったりします。
(当ブログでも2年位前の記事で色々検証してました。)

今回は、Siliko Dollボディでの検証です。

2802.jpg
巨乳化した里保ちゃん、アルテトキオ小ヘッドです。

2803.jpg
「地球は危険だ火星に 帰れ!」

2804.jpg

2805.jpg
顎がちょっと前に出ています、後ほど解説します。

2806.jpg
こちらがSILIKOの純正金具。
アルテトキオやSino Dollと似てますね。
サイズは、アルテより太くてSinoより細い。
長さも若干違うので他社ヘッドはそのまま付きません。

2807.jpg
純正金具を外すとM16メスネジです。

2808.jpg

2809.jpg
M16径の金具がそのまま使えます。

2810.jpg
純正吊金具も上のジョイントを利用して接続します。
うちは、面倒なのでM16アイボルトで吊ってます。

2811.jpg
ヘッド側の受け金具です。
左からSILIKO、Sino、アルテトキオです。
内径や深さが違いますが、似てますね。

2812.jpg
この座金をドライバーで外し

2813.jpg
他社ヘッドの座金と交換すれば他社ヘッドを利用することができます。
こちらのSILIKOジョイントに2本パイプがでてますね、これが邪魔で内空が狭いヘッドにはセンターに収まりません。
(左に写っているのがアルテトキオの純正金具)

2814.jpg
アルテトキオヘッド(小)に付けるとこの位ズレが生じます。
4枚目の写真で顎が前に出ていた原因です。
ちなみに前後左右、どこかにオフセットされます。
ヘッド側のネジ穴位置にも左右されます、アルテの大人用ヘッドなら大丈夫かもしれません。

2815.jpg
邪魔に見える2本の横金具ですが、SILIKOの優秀さが垣間見えます。
座金の4本ネジだけでなく、内部でボール+バネを使いジョイントのセンター出しやヘッドの角度調整の際の負荷軽減等に寄与してますね!
こんなギミックよりメイクの腕を上げろとあれほど・・・以下略
スポンサーサイト
[PR]

コメント

ヘッド交換

ネタは、我が家もミラクルキャンディーでやってます。
ヘッドとボディの色が実家によってバラバラなので、なかなかうまくフィットしませんよね。

そっかぁ、化粧でボディに近づけるって手があるんですねぇ。

To アランさん

こんばんは(^^♪

> ネタは、我が家もミラクルキャンディーでやってます。
> ヘッドとボディの色が実家によってバラバラなので、なかなかうまくフィットしませんよね。

同メーカーでも時期によって色合いが安定しないみたいですし、多頭族の悩みの種です(笑)

> そっかぁ、化粧でボディに近づけるって手があるんですねぇ。

やはりホワイト肌だとメイクで調整って手があるようですね♪

コメントの投稿

非公開コメント